さっぽろ村ラジオ(FM 81.3   インターネット NEW ZONE FM で、全国で聴けます)
                毎週火曜日 午後2時からの番組 「宮川じゅんの待たせてゴメンね!」 お聴きください

生活相談など、私への メール ⇒ ■ここをクリック■ (個人情報をわからないようにして公開することがあります。非公開希望の方は、「非公開希望」を書いてください)
                     
                 ブログへの「コメント」は、内容を確認させていただき、ブログの趣旨に合うものを公開します。

生活保護問題を中心にしたブログ「宮川じゅんの生活保護相談ブログ」http://matasete-soudan.blogspot.jp/もあります。ごらんください。         

2018年11月12日月曜日

夕方の街頭宣伝

 午後6時から、札幌市東区内の地下鉄環状通東駅頭で、太田秀子市議、党員・後援会員の方々といっしょに街頭宣伝を行いました。
 アメリカの中間選挙や沖縄県知事選挙で現れた変化を、来たるべき統一地方選挙や参議院選挙でも起こそうと呼びかけました。

 太田秀子事務所が新型照明を用意しました。足元から照らすLED照明です。電線を使わないので便利です。

2018年11月7日水曜日

紅葉

 札幌は紅葉の季節です。
 北海道庁旧本庁舎(赤レンガ)前のイチョウです。

 道議会の前の庭です

2018年11月6日火曜日

伏古と北光・光星でつどい

 11月4日、札幌市東区の2か所でつどいを開きました。
 午前中は太田秀子市議と伏古地域で、午後は平岡大介市議と北光・光星地域です。合わせて、40名の方が参加してくださいました。



 私からは、胆振東部地震で全道が停電しましたが、北海道電力が儲け最優先で電力安定供給がおろそかになっており、再生可能エネルギーを主軸にした発電所を分散配置するべきだということなどを報告。
 各市議からは、高速道路から市内中心部へのアクセス道路を建設することは莫大な費用がかかり問題であることなどが報告されました。
 参加された方からの発言では、地震の際に学校体育館に避難しようとしても鍵が開かず入れなかった問題や、厳寒期であれば暖房用の灯油が足りなくなったのではないかという問題提起もありました。
 また、野党共闘を進めてほしいが経済政策で一致できるのかという質問や、地震の際に、マンションの集会室に入居者が集まって情報交換をしたという報告もありました。

 みなさん、地震の時は本当に大変だったという思いです。日頃の備えや、ご近所が日頃から声かけあうことも大切です。そして、行政が、避難所など万全の態勢を取っておくためにも、今回の地震から多くの教訓を引き出しおくよう、求めていきます。