さっぽろ村ラジオ(FM 81.3   インターネット NEW ZONE FM で、全国で聴けます)
                毎週火曜日 午後2時からの番組 「宮川じゅんの待たせてゴメンね!」 お聴きください

生活相談など、私への メール ⇒ ■ここをクリック■ (個人情報をわからないようにして公開することがあります。非公開希望の方は、「非公開希望」を書いてください)
                     
                 ブログへの「コメント」は、内容を確認させていただき、ブログの趣旨に合うものを公開します。

生活保護問題を中心にしたブログ「宮川じゅんの生活保護相談ブログ」http://matasete-soudan.blogspot.jp/もあります。ごらんください。         

2017年6月14日水曜日

苗穂地域懇談会

 6月11日、札幌市苗穂地域で日本共産党懇談会が行われ、12人が参加しました。


 私・道議会議員宮川潤と太田秀子市議会議員が報告しました。
 私は、集団的自衛権の行使と戦争法(安保関連法)を決め、共謀罪と憲法改悪を狙う安倍政権の危険な方向、野党共闘で政治を変えようと呼びかけ、北海道のJR路線の切り捨ては許されないと訴えました。

 参加者から、新興住宅地の町内会結成に困難をきたしていること、小中学校の給食費や諸経費の負担、公営住宅の4階5階に灯油を配達してもらう際に負担が高くなることなど、暮らしに密着した問題が出されました。

 これらの問題について、さっそく調査と改善を検討しています。

2017年6月13日火曜日

ラジオ収録 画家で歌手のYUKOさん



 札幌市東区を中心に放送しているコミュニティFM「さっぽろ村ラジオ」(FM81.3)の番組「宮川潤の待たせてごめんね」(毎週火曜日午後2時から2時半)の収録をしました。

 ゲストは、画家、歌手、工芸作家のYUKOさん。



 YUKOさんは、少女のころから絵をかくのが好きで、美術の道へ進むことを夢見ていました。
 社会人としての第一歩は保育士になり、趣味として絵をかいていましたが、それでは満足できず、退職!
 アルバイトをしながら、画家への道を歩み始めました。
 私が「決まった給料をもらえる仕事を辞める時、不安だったでしょう」と聞くと、「思う存分絵が描けるので、すっきりした!!」と。
 好きな道を進むことが、その人を生き生きさせるのですね。

 今は、雪だるまをモチーフにした絵を専門に描き、
画像に含まれている可能性があるもの:1人

 展示会などを行っています。
 スイーツデコと呼ばれるお菓子のアクセサリーをつくったり、歌手としてCDも出しています。
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、食べ物

 9月2日(土)午後6時半から、札幌市東区北11条東8丁目の居酒屋「あいよ」でライブを行います。
 飲み放題付(!!) 4000円です。ぜひ、おいでください。

2017年6月5日月曜日

元町地域懇談会

 6月4日、札幌市東区元町地域で「日本共産党元町地域懇談会」を行い、30人の方が出席してくださいました。
 私と金倉まさとしさん(日本共産党衆議院北海道2区国政相談室長)がお話しをさせていただきました。


 私は、第一次産業こそ北海道の財産であること、そしてJR北海道が「単独では維持できない」とした路線が北海道内のJR路線の半分にも及ぶ問題、介護と医療を守るべきと話させていただきました。

 参加した方から、「介護職員の賃金が低く人材不足になっている」、「小さな町でも、医療・福祉・教育は保障されるべき」、「『子ども食堂』ができてきたが、行政からの補助はどうなっているのか」などの発言がありました。

 北海道を守るために、課題は山積しています。頑張っていきたいと決意を新たにしました。



2017年6月4日日曜日

ラジオ収録 焼酎Bar凡’s

 札幌市東区を中心に放送しているコミュニティFM「さっぽろ村ラジオ」(FM81.3)の番組「宮川じゅんの待たせてゴメンね」(毎週火曜日午後2時から2時半)の収録をしました。

 ゲストは、焼酎Bar凡’sのマスター木原新(きはら・しん)さん。

左が木原さん かっこいいでしょ!
 木原さんは、和食を本格的にやってきた方です。
 修行時代は、徒弟制とも言える環境の中、師匠や兄弟子から、厳しい仕打ちを受けたことも。料理人の集まりで、「殴られて頭から血を流しながら仕事をしていた料理人がいた」という噂話を聞きますが、実は自分のことだったそうです!

 焼酎Bar凡’sは、札幌市東区北25条東19丁目1-1です。
 普通の住宅(大雪ハウス)の1階、車庫部分を改装して焼酎Barにしています。
 上質な雰囲気があり、店内は大き過ぎずマスターとの会話を楽しめる店です。
 お通しは、本格和食がぎゅっと詰め合わされた一皿です。
 

2017年5月23日火曜日

ラジオ収録 夜間中学

 札幌市東区を中心に放送しているコミュニティFM「さっぽろ村ラジオ」(FM81.3)の番組「宮川じゅんの待たせてゴメンね」(毎週火曜日午後2時から2時半)の収録をしました。
 ゲストは、北海道に夜間中学をつくる会代表の工藤慶一さん。

 工藤さんは、「戦争で学べなかった人などを、年齢に関係なく学べるようにする『教育機会確保法』ができるのに、60年かかった」と、今までのご苦労と喜びを語りました。
 札幌市内にある自主夜間中学「遠友塾」の運営をされてきたのです。
 今後は、公立の夜間中学をつくり、教育を受ける権利の保障を広げていきます。
 1日も早く、公立夜間中学をつくるために、私もがんばろうと思います。